久しぶりのブログ更新です。

弊社のブログ記事の投稿をローテーションで任される事になったので気合いいれて書きまして、数件書きためました。投稿日時指定をしてこれで放っておけば毎日一件ずつ投稿されるハズだった・・・が甘かった。

ブログは、MovableTypeで作成されていて、設置とかデザインとかは専門の人にやってもらったので、当然このあたりも設定されていると疑問に思っていなかったのですが、指定日時になっても投稿されてないじゃあないか!

個人的に自宅でもMovableTypeで作成したブログを使用しているので、これがサーバー側の定時処理(UNIX/Linuxではcronを使う)の設定をはしょっている為とすぐに察しはついた。ホンマ便利な機能なのに。

という訳でブログ管理者に報告したところ、設定方法がわからないので手作業で・・て言われたので、「NO~!」と設定方法をアドバイスする事にした。とは言うもののレンタルサーバなので当然マニュアル(ヘルプ)は読まなくてはならない。WADAXを使用している。

めっさ簡素なヘルプやな・・約にたたない。

ちゃんと解説したサイトがすぐにみつからなかったので、私が備忘録しておく。誰かの役に立てば幸いである。

まずWADAXのコントロールパネルにアクセスする。これはそれぞれ使っている人にしかわからないだろうから、契約時の資料とかを確認してなんとかしてコンパネにログインして下さい。下図の様なコンパネが出てきます。一応固有情報はボカしてます。

WADAX-コントロールパネル1

赤いところに、cronによる定期処理の設定ページへのリンクがあります。クリックしてcronの管理ページに移動です。

WADAX-CRON1
まぁこんな感じで記述するのですが、赤いところをクリックすると編集出来るようになるのでクリックして下さい。

WADAX-CRON2
既に一件記述されていたのでボカしてますが、要するにここは一行記述で時間に関する指定と、実行する処理ファイルを指定するだけの話です。具体的には下記の様に記すと、MovableTypeで作成した投稿日指定の機能が作動する様になりました。

0,15,30,45 * * * * cd /home/hogehoge-co-jp/public_html/mt-dir; ./tools/run-periodic-tasks

こんな感じで記すと、毎時0分、15分、30分、45分に「run-periodic-tasks」が実行されます。そのまんまな記述がシックスアパートのヘルプに書かれています。Windowsをサーバにしている場合も書かれているから参照あれ。

さてWADAXの場合は絶対パスで/homeから記述してMovableTypeをインストールしたディレクトリにCD(チェンジディレクトリ)します。このあたりは各々設置環境が違うと思うので私にはわかるハズがありません。慎重に確認してみるか、カットアンドトライであれこれ試してみるしかないでしょう。

ポイントはセミコロンで区切る事で二つのコマンドを実行させているということです。MTがインストールされているディレクトリにcdした後で、toolsフォルダの中にある「run-periodic-tasks」というプログラムを実行しています。このプログラムが実行されたタイミングでMovableTypeは予約記事の日時を確認し、その日時を過ぎていたらエントリーとして表示される様にステータスを変更します。つまりこれで日時指定(予約投稿)の機能が実現です。

例えば、17:05に記事を公開しようとして予約しておくと、時計の針が17:15になった時にcronから「run-periodic-tasks」が実行されて、さも17:05分に投稿された記事の様に振る舞います。

17:00に予約設定した場合はどうなるんだろうかな??ちゃんと0分で公開されるのか15分にならないと公開されないのか・・そこまでは確認してないのでわかりません。(あしからず)

超手抜きな備忘録ですがWADAX共用をお使いの場合、多少読み替えてもらえればなんとかなるはずです。誰かの役に立てば幸いです。