今日はメールアドレスについて触れてみようと思います。

私は技術屋ですので、メールの仕組みもある程度のところまで掘り下げて理解はしております。自宅ではメールサーバー立てて、マイドメインのメールアドレス持ってますし。(サラリーマン時代から持ってました)

それはさておき、商売用に使うメールアドレスに、Yahoo!やHotmailなどのいわゆるフリーメールはアリだと思いますか?

私は有り得ないと思います。理由は単純明快で所在(存在)が分からないからです。

メールアドレスの構造
分かっている人は読み飛ばしてくださいね。
メールアドレスは分解すると二つの要素を持っています。

syoujikido@livedoor.com

@の前(左)の部分はアカウント名です。このブログのプロフィールを見ていただければ一目瞭然ですね。本来ブログにメールアドレスを書くのは無知な行いだと言われてますが、livedoorブログではこういうルールになっているので、メールアドレスは容易に察しがつく訳です。ボットに収集されるリスクを考えると書かない方が良いですけどね(私は今更気にしない)。

@の後ろ(右)の部分はドメイン名です。場合によってはサブドメインを含んでいる事もありえます。まぁたいていはドメイン名ですね。正直堂のドメインはsyoujiki.comなので@syoujiki.comになります。

この組み合わせでメールアドレスが構成されているので、上記のメールアドレスは、livedoor.comドメインで運用されているsyoujikidoというアカウントのメールだなと所在が分かるわけです。つまりlivedoor.comドメインの持ち物だなと。

ドメイン名は大切な情報の糸
ではドメイン名が分かるとどうなるのでしょう?Whois(フーイズ)という仕組みがありますのでこれを使ってみましょう。UNIX系のOSだとコマンド一発で情報が参照できるのですが、Windowsには標準装備されていないので、手軽にWebサービスを利用することにします。


@より右側を入れて実行すると結果が表示されるのですが、手っ取り早く正直堂のドメインを入れてみましょう。


引用してみます。
String for search [ SYOUJIKI.COM ]


### Do-REG WHOIS database / ###

[Domain Name] SYOUJIKI.COM
[Status] clientTransferProhibited
[Nameserver] NSAS1.FIRSTSERVER.NE.JP
[Nameserver] NSAS2.FIRSTSERVER.NE.JP
[Creation Date] 2000-09-07 01:35:35(JST)
[Expiration Date] 2010-09-07 01:35:35(JST)
[Last Update] 2009-08-05 18:10:39(JST)

[Registrant]

Name: Wataru Kato
Address: 5-1-3-908 Kasugacho Toyonaka-city Osaka, JP

[Admin Contact]
Handle: DRWK0002
Organization:
Name: Wataru Kato
E-Mail: info@syoujiki.com
Postal-Code: 560-0052
Address: 5-1-3-908 Kasugacho Toyonaka-city Osaka, JP
Phone-Number: 06-6261-0805
Fax-Number:

[Tech Contact]
Handle: DRWK0002
Organization:
Name: Wataru Kato
E-Mail: info@syoujiki.com
Postal-Code: 560-0052
Address: 5-1-3-908 Kasugacho Toyonaka-city Osaka, JP
Phone-Number: 06-6261-0805
Fax-Number:

たったこれだけですが、住所、代表者氏名、連絡先が分かります。つまりドメイン名からもそのドメインの利用者が確認できるのです。この情報が明らかにサイトの情報と食い違っていたらどう思いますか?胡散臭い会社だなって思いませんか?(私は確実にそう思います)。そういう確認のためにもメールのドメインは重要なのです。

ちなみにsyoujiki.comは、まだ正直堂が代表者一人で営業していた頃の歴史を残しています。近々このwhois情報も変更されてキャピタルスポーツになります。

さてようやく本題です。

メールアドレスとして、@hotmailや@yahoo.co.jpなどを使っていると、このwhoisという仕組みが使えません。なぜならそのドメインの所有者はMicrosoft社であったり、Yahoo!Japanだったりするからです。(厳密には細分化されているので差異はあるでしょうが、上記二例については調べるまでもなくそういうことですよね。)

どうでしょ?商売にこれ使います?私は絶対にNOですね。率直に言うと有り得ないです。商売って信用第一ではないですか?ネット上にはわんさかと胡散臭いことやってる人種がいます。ならばできることはちゃんと身元証明しましょう。それが企業や商店としての勤めだと思います。

「独自ドメイン取って、メールアドレスを持つのって金かかるじゃないか!」
「そんなんするのは面倒くさいじゃないか!」

そうおっしゃいますか?
私は多分そういうネットショップや企業では買い物しませんね。有り得ないです。かけるべき経費(必要経費)や手間をケチる商売人は消費者に良いものを提供できるはずがないからです。商売はサービスを提供するものです(商品も含めてサービスと表現)。

ただ、知識がないってのは仕方のないことだと思います。それとこれとは話が別だからです。なので言い換えましょう。知らないってのは損ですという表現に。


具体的に何をすべきなのか?
ネット上で商売をする上で是非検討してみていただきたいのは、
  1. 自前のドメイン(独自ドメイン)を持つこと
  2. 自前のドメイン(独自ドメイン)のメールを持つこと
これだけです。

費用について
どれくらい経費がかかるのでしょう?
私が超初心者の時から使い続けているレジストラを一つ事例としてあげます。もちろん他にも選択肢はありますから興味のある人は気に入ったレジストラをチョイスすれば良いことです。


驚きました・・infoドメイン(TLD)が年間180円だそうです。
最安値ちゃいますぅ?

TLD(トップレベルドメイン)には種類があります。その種類によって用途が厳密には分けられていますし、付加価値的なことから料金も違います。infoドメインは汎用的なTLDなのでこんだけ安くできるんでしょうね。

co.jpは特別に例外です。法人限定で審査もあり一法人当たり一つしか使用できません。弊社の場合はracket.co.jpです。会社名が株式会社キャピタルスポーツなので、capitalsports.co.jpが欲しいなと思った時期もあった様ですが、上記の理由でもうco.jpは使用することができません。どうしてももう一個使いたいなら会社をもう一個つくるしかありません。

話が逸れましたがドメインは最安値だと年間180円で使用権を得られます。(年間利用料を支払うので毎年更新するとか3年分前払いするとか色々考えられます)料金はレジストラが決めるのでムームードメイン以外も調べてみてください。

レンタルサーバーを借りる
さて、ドメインの使用権をゲットしたら次はメールサーバーをレンタルです。大抵はメールサーバはいわゆるホームページ用のサーバにおまけで着いてくるイメージです。


初期費用は考慮していませんが、月額263円~だそうです。商売でやってるんだったらこれ位経費で落とせませんか?自宅でサーバー動かしたら月額の電気代でも完全に263円はオーバーしますね。

金は極力払いたくないって?
なかなか経費節減に意欲的な商売人ですね。関西人ですか?(w
私もすっかり関西人ですが(爆

ならばGoogle AppsのStanderd Editionでも良いかも知れませんね。独自ドメインだけは取らなくてはならないので、年間180円だけはかかりますが年間180円の必要経費ケチる商売人は論外でしょ。

結論
ドメイン名にこだわりがなければ、年間180円で独自ドメインの使用権を得て、独自ドメインのメールアドレスを持てます。レジストラへの登録はもちろん商売でやっているなら実名なり責任者の名義にしましょう。でないと意味がありません。(個人の場合は間逆です。なるだけ伏せましょう)

これでも無料メールを商売に使い続けますか?
私の個人的見解では、ネットショップでフリーメールは「有り得ない」です。

追記
残念な事にGoogl Appsは、無料版の受付を中止しました。既存ユーザはそのまま無料で使わせて貰えますが、新規に受け付けることはありません。よって年間の独自ドメイン利用料だけでメールアドレスを保持し続けることは新たには無理になりました。

ところが、唯一といえる方法がまだ残っています。Outlook.comというMicrosoft社が提供しているメールサービスを無料で使う方法がまだ残されているのです。こちらも年間のドメイン利用料だけをレジストラに支払い、Outlook.comにドメインの所有権を証明出来れば、メールサーバーは無料で使用させていただけます。

私は実際に.infoドメインを一つ取得して、Outlook.comで無料メールサーバーを利用させていただいています。年間980円位のドメイン利用料を支払うだけでメールアドレスを最大500個まで自由に作れます。
また気が向いたら記事を記そうと思いますが、検索したら沢山情報はあるので今更私が記す必要は無いですね。

Windows Live アドミン センター
https://domains.live.com/