一年前からフリーランスとして活動する様になり、経費の事なんかもおもいっきり自分で管理(意識)しなくてはならず、最近、通信費が思いの外かかっている事を自覚する様になった。

よそに務めに出ていた時の様に、安定的に収入があればこの差はさほど気にする必要が無いというか、必要な出費だと割りきっていたけれど、仕事を自分でやる様になってからは、仕事をしても直ぐにお金が入ってこない(企業相手の場合は翌月末締め等が多い)ので、請求に対する支払いが遅れるクライアントの場合、収入が不安定になることを猛烈に実感している。

また、見積もりに対する発注を受けて受注となっても、クライアントとやりとりをしていて、作業日が伸び伸びになってしまい、予定していた作業が翌月まで長引いてしまったとなると、見込んでいた収支が先延ばしになる。

幸いというか、法人(会社)にはしていないし、銀行から融資なんかも受けていないので、支払いが出来なくて倒産なんて事までは発展しないのだが、その分生活に直結する収入が不安定になると言うのが現実である。サラリーマンであれば、出勤日数が変動的で自宅待機で無給の日が多くなったりとか言う感じだろうか。要するに給料が減る訳だ。(別の表現をすれば給料の振り込みが来月に繰越とかね)

そんな訳で自宅の固定電話+ADSL回線に目を向けてみた。ハッキリ行ってフレッツ(ADSLや光)は高い。NTTボロ儲けって感じだと思う。だけど少し前までは競合はあれども決定的に経費を抑えられる代替手段が無かった。

しかし最近は全く違う通信方式として、WiMAXが普及して来ているし、過去には行っていた自宅のサーバーをインターネットに公開する(WebサーバーやMailサーバーを運用していた)なんて事はやっていないので、常時接続である必要性は薄いし、もう今の時代に固定電話なんていらねーだろ?って言う事を家内と話をした。

家内は、FAXを友達と送り合ったりもしている様だが、FAXの使用頻度なんてホントに月に数回程度だし、固定電話で話をしないのであれば、いっその事電話ごとADSLを解約してしまい、WiMAXで運用というのがスマートに思えてきた。一般電話用にはスマートフォンにIP電話サービス等をインストールしておけば、携帯電話から電話をかけるよりは断然安いので合理的だろう。

WiMAXは各社が接続プランを提示して販売しているが、結構価格差が激しい。1年縛りの条件で安くなったりするプランもあるので、WiMAXが使用出来るエリアに住んでいるなら選択する価値は十分にあると思われる。

また、WiMAXのルーターの多くは持ち運び出来るタイプなので、一人暮らしなら外出中は自宅でネットをする必要が無いケースも多いので、いちいち自宅にインターネットを引かなくても、WiMAXがあればWi-Fiでデータ通信が出来る環境が持ち運べる。つまりスマートフォンをパケット定額等にしなくても良い訳だ。

今、ちょっと調べた限りでは、1年縛りはあるが、事務手数料等の諸経費、本体込みで、月額1980円というのが最安だと思われる。GMOがやってるプランだ。9月末までの期間限定とあるので猶予は余り無いが、1年縛られるのが問題なければ、月額2,000円で高速通信のWi-Fiが持ち運び可能で手に入るのはかなり魅力的だ。

ホント、マジで検討する事にします。

1つだけ不便になるのは、ADSLモデムにIP電話機能があって、プロバイダのIP電話サービスを利用していたのでそれがNTT電話を解約すると使用できなくなること。仕事用にしていたので名刺にも刷ってるのでこれをなんとかしなくてはならない。(名刺代は大した費用では無いがスタンプ等の事務用品にも関係してくるので色々とややこしい)

それでも経費を抑えられるなら、極力抑えておかないと、サラリーマンと違って収入に浮き沈みのある個人事業はなかなかつらいところがある。トータルで多ければ貯蓄しておけば良いのだが、この景気ではまだまだ自営でがっつり稼ぐというのは難しい。もっともっと商売を考えないとね。

個人事業の場合、何から何まで自分で決められる自由はあるけれど、勤め人と違って皆でディスカッションして決めるという方法が取れないのは結構荷が重い。一年経ってようやくその辺りを切実に感じ取れる様になった。誰もが通る道なんだろうが結構しんどいものだ。よって経費節減・・真剣に考えよう。