正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

Windows

Office 2003でファイルを開くとメチャ待たされる件

職場でExcelをガシガシと凄いスピードで使いまくる女性スタッフが居るのですが、今日、「ファイルサーバにあるExcelファイルを開けますか?」って尋ねられて、試してみたら私のPCでは問題ありませんでした。

彼女のPCで当該Excelファイルをダブルクリックで開くと、Excelがフリーズしたかの様にだんまりになってしまい数分経ってようやくファイルが開けるという、どこかで見た症状でした。

そや!これでしばらく俺も悩まされたやんか!

確かFix Itで修復した(レジストリ変更)と記憶。Windows UpdateでOfficeの仕様が変更になり、ネットワークリソース上のファイルを開く際、ウィルスチェックだかのファイル診断が走るのでフリーズした様になるという内容だったと。Office 2003と、Windows 7 Proで私はこれに数週間悩まされたのですが、回避方法を見つけた時の喜びが大きかったのでジワジワと思いだしてきました。

MSの機械翻訳の質が低いのでアレですが、なんとなく意味は分かると思います。私は英語は苦手ですが、技術系の文章なら下手な翻訳より原文(英語)を読んだ方がよく理解出来ます(w

Office プログラムが遅いか、ネットワーク上の場所からファイルを開くときに (ハング) が応答を停止します。

ある意味最悪ですねー。
コレに似たトラブルもありました。原因は全く違いますが症状が似ているので参考までに。

正直に書くブログ : MS Officeでファイル保存時にフリーズしてしまう現象

MS-Accessで小括弧([])を置換するのに四苦八苦

商品データのCSVファイルをMS-Accessに取り込んで、更新クエリーで一気にテーブルのデータを置換したりしていますが、キャンペーンが終了した後で付加したキーワードを削除する必要に迫られました。

ヤフーストアで[12周年セール]が行われている為、そのまんま

[12周年セール]

このワードを"explanation"に付加させていたのですが、別作業で上書きされたものだけにまたこのワードを付加させようと思うと、ややこしい記述をしなくてはなりません。私にはそれは無理なので、一度削除してしまい、再度付加させる事にしました。

ところが・・・・MS-Accessにおける[]はパターン文字列を意味するらしく、小括弧自体の検索置換が行えません。

正規表現のエスケープ\を付加してみたのですがメタキャラクターとしての機能が無効になりませんし、どうしたらいいのかしばし苦戦しましたが、小括弧を小括弧で囲んだら検索にマッチしました。

[[12周年セール]]

こりゃまいったわ・・

参考
レコードに含まれる記号を検索する方法

メール添付ファイルは圧縮してから送るのがベター

私の今の仕事ではメールのやりとりってほとんど無いのですが、社内の各位部署ではメールで添付ファイルを送ったり受信したりという事を行っている様です。

しかし、PCの操作に習熟しているスタッフは部署によっては少なく、知っている人からすると当然の事だと思っている事でも、四苦八苦しながら対応しているのが実情です。まだまだPCというツールが人間に優しくない証拠ですね。

さて本題、電子メールにファイル添付して送る場合のマナーと言うか注意点です。元ファイルをそのまま送るのでは無く、zip形式などで圧縮してからメールに添付しましょう。ファイルサイズも小さくなるので大きなファイルも送ることが出来ますし(サイズが大きすぎるとサーバーが拒否したり分割したりします)、データ量が少なくなるのでファイルの破損にも強くなります。先方で開けない(破損している)という確率を下げることが出来ます。もちろん100%とは言えませんが。

続きを読む

DELL PCでWindowsが起動しない・・

職場のあるスタッフから、PCが起動しないと申告がありました。状態を確認したら、壁紙が表示されるところまでは進んでいるのですが、デスクトップのアイコンが一つも出てきません。タスクバーも非表示です。強制リセット(電源スイッチ長押し)してやり直しても同じだとか。

という訳でとりあえずセーフモードで起動を試します。Windows起動時にタイミングを見てF8を押してセーフモード起動。ところが途中から画面真っ暗のままでデスクトップが表示されません。

こうなったら・・WindowsのDVD-ROMを持ってきてブートです。ところがコレも途中で止まってしまいます。

ハードウェア?(とりあえず冷却ファンは回っていて冷風が出てます)

ふと気づいたのは横に置いてあるバッグの上に、林檎のミュージックプレーヤーが。もしやと思って見てみるとケーブルがUSBポートにささっています。問答無用で引っこ抜きます。

さて、PCの電源スイッチONで・・・・・何の問題も無くPCは起動しました。

iPodうざー!(元Macユーザーな私ですが、その頃からアンチアポーです)私はiPodとか使ってないので「USBデバイスの分際でOSの足を引っ張るとは何事だ!腐れ林檎がっ」て気分です。

15分程時間を無駄にしてしまった。もちろんこのスタッフにはUSBポートには、Windowsが起動してから挿す様にと指導しときました。

シャドウコピーで助かった・・(汗

Windows Server 2003R2で動かしている環境があるのだが、サーバーマシンのローテーション計画が浮上して、とりあえず準備作業としてアーカイブデータをNASに移動させることにした。Ghostイメージなどが沢山アーカイブされているのでギガビットイーサの環境でも結構時間がかかる。

それが終わったらVirtualBoxで立てていたテスト環境の整理。一つだけは運用しているのでそれだけ残して削除する。VMWare Playerでも仮想ディスク作成機能が付いたので全く問題無いのだが、VirtualBoxはSUNが元気だった頃に使ってみて手軽だったので使い続けている。

一通りの整備作業が終わったので、一つだけ運用している仮想マシンを起動しようと、VirtualBoxからONしたところエラーがでた・・・ヤバ・・(汗

コレ言い訳だけど、先日医者からの処方(薬)が変わってまだ数日なので、やたら眠いことがあったり、注意力が散漫になることがあるのだ。うっかり消しちゃいけない仮想ディスクファイル(.vmdk)を消してしまった。ファイルサイズは20GB近くあったので、ゴミ箱を経由していない。ってことはゴミ箱には残ってないので復元はかなり絶望的・・・

 

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
メンバー
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ