正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

ハードウェア

Arduinoに興味がアリアリなのです

Arduino(アルドゥイーノ)というイタリア語のプロジェクトがある。このプロジェクトをとやかく説明するのは話がそれるので割愛するが、Arduinoという「ワンボード・マイコン」を使った電子工作が実に面白そうである。

Arduino-UNO-R3

このハードウェアが比較的安価に購入出来る事から、実はかなり前から気になっていた。しかしこういうモノは実際にやってみないと本当のところは分からないものなので、余裕が出来たらやってみたいなという位置づけで放置していた。

先日、プログラミングレッスン動画で定評のある「ドットインストール」が、なんとこのArduinoというハードウェアを使って、PCからプログラミングして電子素子を制御しようというレッスン動画を配信したのである。PCの画面と解説の音声に加えてハードウェアのセットアップと動画撮影。ドットインストールも新しいことにチャレンジしている。

私はこのレッスン動画を観て、Arduinoってこんなに簡単だったのか!とリアルな実感を感じ取ってしまった。本当に申し分無い程に分かりやすい動画だった。(もうちょっと応用的プログラミング・サンプルは欲しかったけどね)

Arduino入門 (全12回) - プログラミングならドットインストール

こうなると、Arduinoが欲しくて欲しくて仕方ない(w

実際のところ、最小限の投資であれば2,500円程度で済んでしまう。USBケーブルやら、発行ダイオード(LED)やら抵抗やらの電子パーツを持っているという前提だが。

【永久保証付き】Arduino Uno【永久保証付き】Arduino Uno
スイッチサイエンス
販売元:Amazon.co.jp
ArduinoをはじめようキットArduinoをはじめようキット
スイッチサイエンス
販売元:Amazon.co.jp

実際のところは電子パーツの配線が手軽に出来るブレッドボードやジャンパー線も欲しくなるだろうから、キットを購入するのが便利だとは思う。LEDや抵抗、圧電ブザー等がセットになったものもAmazonで販売されているが割高感はあまりなく良心的な価格設定に思える。現時点4,000円以内でフルセットのスターターキットが入手可能らしい。

続きを読む

Nexus7用保護ケース購入

Nexus7用にELECOMのソフトケース(TB-02NCBK)を購入しました。ケースのタイプは結構迷っていましたが結局シンプルに使いたいと言う考えの方を優先して持ち運びの時だけ保護されれば良いと判断して、ソフトケースにした次第です。Nexus7を使う時は丸裸の状態で使う感じですね。

54

Amazonのレビューによると、ゴムのにおいが臭いという事でしたが、私は実際にヨドバシカメラで現物を見たこともあり、使い勝手の方を優先させました。実際にNexus7を持っていたので展示品に収納させてもらって使い勝手は検証済みだったのです。ヨドバシカメラにはブラックが無かったのでその時は買えませんでしたけどね。

56

Nexus7はタブレットなので、モバイルPCよりも薄くて出し入れには全く問題ありません(スポッと収納出来ますし取り出すのも楽々です)。7インチ専用でなので中で動くこともほとんどなくてちょうど良いサイズだと思います。一応パネルの掃除用にメガネ拭きクロスは一緒に入れています。

 

PS.
ブラックが良くて購入しましたが、リバーシブルになっているのでひっくり返すとネイビーっぽいブルーとしても使えます。ひっくり返すと右下の白いプリントは無いので、シンプルに使いたい人はひっくり返して使う前提にしても良いかも知れませんね。

Nexus7用保護ケースでめちゃ迷ってる

昨日、外出ついでに久しぶりに梅田ヨドバシカメラに寄ってみました。Nexus7用の保護ケースを購入したいなと思いまして。

残念ながら自分が欲しいと思うものがラインナップに無かったので購入しませんでしたが、一つだけ良いなぁと思ったのはウェットスーツ素材のソフトケースです。残念ながら色が水色かピンクしか無くて、黒が品切れだったので止めました。

 

ほぼ二択まで絞り込みましたが、実は結構迷ってます。ソフトケースは手軽で良いのですが、使う時はケースから取り出してむき出しの状態で使用することになります。その辺りがスマートさに欠ける部分でもありますが、Nexus7はちょうど片手で握れる幅と片手で持っても耐えられる重さなので、ケースの分の重量を増やすのは使い勝手が落ちる気もします。それを踏まえた上でもレザータイプのケースにした方が良いのかなぁと言うのがメチャ迷うところなのです。

 

スタンド機能はあんあり使う事は無いと思うのですが、Huluで動画配信を視聴する時にはスタンドは便利かもなぁという気もちはあります。スタンドを別途準備する必要がありませんからね。

とは言ってもやっぱりシンプルさを重視してELECOMのソフトケースかなぁ。近日中に決めて発注しようと思っています。

Nexus 7の画面保護(フッ素コーティング)

Nexus7(32GB)が我が家に来てから二週間ちょいと経過しました。当初はパネルを指先で操作すると、スルスルと滑って非常に快適でしたが、ここへ来て滑りが悪くなって来ました。新品の頃に我が家のセキセイインコが画面の上でつるつる滑って慌てていたのを思い出します。あの非常に滑る感覚が薄れてきたという事は、工場出荷時に施されているフッ素コーティングの効果が薄れてきた様です。こまかい傷が付く前にコーティングせねばです。

なお、普段の携行に際しては、メガネ拭き用のシリコンクロスをパネル面に当てた状態でソフトケースにしまっています。もしかするとシリコンクロスが良くなかったのかも知れません。いずれにしてもスマートフォンに比べると画面が広いので、指先の滑りが悪いと操作性もかなり悪くなりますからなんとかしたいと思いました。

そこで、簡単にフッ素コーティングを施せる液体を購入する事にしました。そこそこの金額がする割には、あんまり量が入ってないので贅沢に使用することは出来ませんが、ケチケチすると効果が薄いので上手に塗らなくてはなりません。

塗った後、長時間そのまま放置してコーティングが落ち着くのを待つ必要がありますが、その効果は絶大で一気に新品の時のスルスル感が蘇ります。保護シートを貼るという選択肢を取るか?このコーティング液を使うかの二択になりそうです。傷などの保護には弱いかも知れませんが、操作性を重視するとフッ素コーティングの方を断然オススメします。

フッ素コーティングがもっと知名度を増して、各社が類似品を販売する様になると、価格的にももっとこなれてくるかも知れませんね。もはや社会的にニーズは充分有る訳ですから。塗っている最中の乾きやすさと、塗った後の放置時間確保だけがネックですが、保護シートをズレなく貼るよりは手軽だと私は感じました。特にタブレットは面積が広いですからね。

 

 

FUJITSU FMV-BIBLO(Vistaモデル)サイテーですな・・

思うところありまして、いまさらながらCore2DuoなノートPCをヤフオクでゲットです。どうしてもこの機種じゃなきゃだめだったのでVistaモデル。

さて、リカバリー済みとの事なので、クリーンな状態でとっととリカバリー領域にあるHDDイメージから、リカバリーディスクを作成しようと「マイリカバリ」を起動して、工場出荷状態に戻す為のリカバリーディスクを確保中です。

ところが・・・DVD-Rが5枚必要だというメッセージはよしとして、リカバリー1枚毎にDISCを入れ替える必要がありますね。光学ディスクは万全ではないので確実に書き込み(焼付け)が成功すると期待はできません。

案の定、途中でエラーが出て停止してしまいました。仕方ないので1枚捨ててもう一度やり直し・・・おいおい、1枚目からまたやり直しなの?・・・最悪です。

これ本当に日本製なのか?富士通って日本のメーカーなのか?

だいたい、Core2Duoでメモリー4GB実装なら、Windows7でもいまだに戦える(っていうか7の方が軽くて快適)のに、Vistaリカバリー直後から動きが遅い。もっさりしたり、画面が固まったり・・ありえへんわ。

とにかくとっととDVD-Rにリカバリーディスクをバックアップしてしまいたいのですが、これに時間がかかりすぎて困っています。メディアがなんぼあっても足りないくらいにコースターを大量生産してしまうので、Phantom Burnerを購入しました。これならエラーは出なさそうです。

って記してたらラストの5枚目でファイル名を入力していたらキャンセルされてしまってまた1枚目からやり直し。Phantom Burnerのおかげでメディアは無駄になりませんが、ええかげんにせぇ!とたたきつけそうになりました(半分うそです)。

それくらいストレスを感じさせてくれる駄PC。リカバリー直後でこれはありえない。こんなもん売ってはいけない製品だと思いますよ。富士通製品売れなくなって当然だと思いますよ、こんなのを製品として出しているようじゃ日本人はクレームすら控えますが、暗黙で二度と買いませんからね。日本企業がやばい時代ですが、多くは身から出た錆だと思います。商売を根本的に考え直す必要ありですね。(従業員をリストラするとか人材流出も自業自得でしょう)

商売では、一度買ってくれた既存顧客=お得意さん(リピーター)を大事にする。これは鉄則です。某携帯電話会社のゲーハーなおっさんは新規顧客獲得に必死で既存顧客のことは放置後回しですから、今の勢いは長くは続かないでしょう。景気が回復したらそれまでだと思いますね。少なくとも日本市場での商売はそういうものだと思います。大手日本企業には早く目を覚まして欲しいものです。

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ