正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

バージョンアップ

WordPressを半自動アップデートさせるに必要な細工(WADAX)

WADAXサーバーに設置のWordPress(ブログ)システムのバージョンが古くなっていて、そろそろいいかげんにバージョンアップしなくてはならないという話になった。2.9.1だったが現在は3.0がリリースされてから結構日数が経っている。

WordPressは良くできていて、管理画面にログインするとバージョン情報を比較して新しいバージョンがリリースされているとバージョンアップを促すメッセージが見やすい部分に表示される。通常だとバージョンアップのリンクをクリックすると、FTPアカウント情報を入力するページに移行し、そこに適切なアカウント情報を入力するとWordPressのプログラムが最新版をダウンロードし、圧縮を解凍して、サーバーにFTPを使って展開(配置)してくれる。最後にデータベース構造の変更(アップデート)まで自動でやってくれて、実に快適な仕組みである。

しかし、WADAXの共用サーバーではこれが素直に出来ない。まずFTPのログインが上手く出来ず失敗に終わる。これはサーバーアドレスをデフォルト「localhost」となっているところを、適切なサーバーアドレスに変更する必要があるのだが、もう一つひねりが必要なのだ。サーバー名ではなく、IPアドレスで指定してやらなくてはならないのだ。

WADAXから知らされているサーバーの情報より、FTPアカウント情報の部分に着目してほしい。サーバー名が例えば「sv59.wadax.ne.jp」だったとしたら、本来はWordPressのサーバーアドレス部分にこのアドレスを指定すればOKなハズだが、共用サーバーの仕組みによって名前解決に失敗するらしく、WordPressのプログラムがFTPサーバーへのログインに失敗する。そこで下記のようにしてIPアドレスを調査し、IPアドレスで指定すると成功する。面倒だがちょっとしたノウハウなので覚えて慣れるしかないだろう。Windowsの場合はコマンドプロンプトを使うのが簡単だ。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\>nslookup
Default Server: dns1.sasapurin.com
Address: 192.168.1.1

> sv59.wadax.ne.jp
Server: dns1.sasapurin.com
Address: 192.168.1.1

Non-authoritative answer:
Name: sv59.wadax.ne.jp
Address: 211.133.134.109

>

WADAXのサーバー「sv59.wadax.ne.jp」のIPアドレスは「211.133.134.109」だという事が分かった。このIPアドレスをWordPressに指定すれば良い。

続きを読む

GroupSession2.5.1リリース

オープンソースのGroupSessionバージョンアップ(2.5.1)です。正式には明日20日リリースらしいですが、どうやらフライングで公開しちゃったみたいでサイトのお知らせに表示されちゃってます。

弊社ではグループウェアとしてこのGroupSessionを使わせていただいています。


ついでにというか、待望の開発環境についても公開されています。

EclipseでGroup Sessionの開発を行う方法

Javaであれこれやっている人は開発に参加してコミュニティにコミットしてみてはいかがでしょうか?私はプログラミングはさっぱりこ分からんのでパスです。

問題はバージョンアップです。業務中はストップできないし、別事業部の方が夜遅いので夜間の作業もできないし。こまめなバージョンアップはありがたい反面、いつもバージョンアップ作業には泣かされます。(停止できずにいまだに古いバージョンのままです。まぁ外部に公開せずLAN内部で使ってるから大丈夫だとは思うけど。)
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ