Firefoxをメインで使っていますが、ブラウザを仕方なくIEで使った時に、ウッと困ることがあります。Firefoxのプラグインに、Make Linkというものがありまして、これが実に便利なので無いと結構不便なのです。

Make Linkはカスタマイズが可能で、WebサイトのURLやTitle、画像リンクの情報を変数に取り込んで、定義したフォーマットでクリップボードに送り込んでくれます。

例えば、ブログで参考リンクを記す場合、参考リンク先でMake Linkを使ってHTML形式で情報を取り込んでくると、クリップボードには

<a target="_blank" href="%url%">%title%</a>
こういう定義をしておけば
<a target="_blank" href="http://exapmple.com/">リンク先のタイトル</a>

という感じでURLとリンク先のタイトルを取り込んでくれるので、ソース画面で直接貼り付けると少ない手間でリンク先を記すことが出来ます。

また、選択テキストを%text%という変数で取れるので、<blokquote>や<pre>で囲んでみたりすると、容易に引用分のHTMLソースが得られます。

<pre>%text%</pre>

引用文を頻繁に使用するブロガーやtumblrユーザー(w)には必須とも言えるツールではないでしょうか?

さて、どこかにわかりやすい解説は無いかな?と思って調べてみたら、マイナビさんの記事が丁寧だと思いました。初めての人もコレを読んで使ってみれば便利さを理解出来ると思います。

続きを読む