会社の方針でWEB制作事業を止めて、私はネットショップのバックヤード側の作業をするグループに所属しているのですが、ネットショップと言っても色々やることは有る訳で、ラケットプラザ規模の商品数と注文数になると分業制にせざるをえません。私たちのグループは色々掛け持ちをしていますが、立場的にはサイトへの商品登録と商品情報の更新を行うのが最も重要な作業の一つです。

製造業では無いのでメーカーが製造したものを仕入れて販売していますから、メーカーが製造しなくなった品番(サイズ・色など)は徐々に廃番となっていきます。とくにアパレルと称される衣類などの身につけるものは、サイズという人に合う合わないという要素があるので、ご注文を受けてもメーカーがもう作らないとなると販売することが出来ないのです。そういう情報を日々キャッチしてそれをサイトに反映させていきます。もう仕入れることが出来なくなった商品の色、サイズについては注文出来なくするのです。これを怠るとお客さんは在庫があると思って注文しますので(当然ですね)、「在庫切れなんです」って言っても失礼な話になってしまいます。なので日々必ずキャッチした情報は更新して一日に数回サイトの更新を行います。

更に新しく追加になった品番なども新しいカタログにはそれとなく掲載されていたりするので、既にサイトに掲載している商品を除いて、まだ掲載できていない商品をサイトに掲載していく作業もあります。片方で廃番になって商品数が減っていますから、頑張って新しい商品を追加しないと、取扱商品数が減ってしまいショップの規模がどんどん縮小されるので重要な仕事なのです。

続きを読む