正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

レンタルサーバ

MT使うなら今がチャンスちゃう?

しばらく体調崩してて仕事休んでたのですが、面白いもの発見。レンタルサーバ(ホスティング)のiSLEがかなり割引のプランを出しています。っていうか値引きなのかな?先着150限定(期間限定)だそうです。

12ヶ月契約が前提ですが、Movable Type 1ライセンス付き(もちろん商用利用可能)で735円/月から。サーバー容量の差で3つのプランがありますが、普通に使うなら一番安い30GBで十分じゃないかなって思います。個人的に大容量のデータをネット上に置く必要性を感じないもので。(色々ニーズはあると思いますが)

http://home.isle.ne.jp/isle/landing/inp_ov/

MTを使う案件やら計画やらを持っている方はチェックしてみてください。ちなみに正直堂ではiSLEは使ったことないので、使い勝手やら安定性やらがどうなのかは分かりません。あしからず。

レンタルサーバ:WADAX共用でのデータベース

自分の為に覚え書き

WADAX共用サーバーでのデータベース

  • MySQL
    コンパネよりDBとユーザー生成(PWは通知されたもの)
    DBの削除は自分では不可なので申請して削除してもらう必要アリ。
    (phpMyAdminからも削除不可。権限が無い。)
    FAQによると最大10のDBが作れるらしい。
  • PostgreSQL
    コンパネよりユーザーのみ生成(PWは通知されたもの)
    phpPgAdminよりDBを任意に作成し、任意に削除可能。
    DBはいくつまで作れるのだろうか?(未確認)

EC-CUBEでは、商品数が多くなるとMySQLではパフォーマンスが落ちてくるという事が一般に言われているので、PostgreSQLを使った方が良いといわれている。残念ながらバージョンが古いのでそれほどパフォーマンスは出ないと思われる。

WordPressではどうだろうか?やはり当初からPostgreSQLを使った方が良いのだろうか?個人的にはMySQLのシンプルさが好きなのだが、データ量が多くなった時の低下は確かに感じる。正式にPostgreSQLをサポートしてくれたらいいのだが。

レンタルサーバ

200911101169なんか正直堂宛にレンタルサーバ会社からパンフレットが送られてきたというので目通ししてみました。

ここはEC-CUBEに対応しているレンタルサーバなので、名前は記憶していたのですが、詳しい内容までは把握してなかったのでパンフレットを読んでみて、結構いいかも知れないなって気がしました。

新サービスのご案内って事で、
・専用サーバ-1ヶ月無料
・共用サーバ-1年無料
っていう案内書も入ってました。

個人的には共用サーバには興味が無くて、専用サーバの方に興味がありますが、たったの1ヶ月じゃ何も検証できない(仕事の合間にするには暇無いし、プライベートの時間でやる価値あるのか?ってのも疑問だし)ので、とりあえずパンフレットを見ただけで封筒に片付けました。

ちょっと気になったのは、50以上のソフトウェア無償提供サービスがあるらしく、管理画面からWebブラウザで簡単にダウンロード(だけ?)出来るFantasticoを標準で提供しているとか。どういうものか良く分からないけれど、多分こういうものかな?ライセンスがフリーに近いオープンソース系のソフトウェアが対象の様で、主要なもの以外に聞いたこと無いものまでリストされていて、これはちょっと参考になりました。

基本的に私はSSHが使いたいタイプなので、売りの日本語版cPanelが利用できるとかはあんまりメリット感じないのですが、UNIX系のOSに慣れていない人には有効かなとは思います。(こういうツールは10全てを設定できるのまず無いから落とし穴多いけどね)

料金プランは色々あって複雑ですね。これだけの金額払うなら自前のサーバの方が制限なくて私はあんまり魅力感じなかったですが、サポートを受けたい人にとっては魅力的なのかも。こういうビジネスもあるんだなと一つ賢くなったのでありました。正直堂の仕事するまでレンタルサーバに縁が無かったもので・・
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ