私のVISIO利用歴は非常に長いのだが、Microsoft社に買収されて以来どんどん肥大化して行くと共に、求めてない方向(機能)に進んでいった。それでも左手のショートカットとマウスの操作は、ほぼ無意識に操作する位に慣れていたので(AutoCADに近いものがある)、もっぱら図を描く時はVISIOを使っていた次第である。

ところが、WindowsもXPからVista、7へと移行して行くと、もういちいち最新版を追従して行く事が馬鹿らしくなってしまった。なぜならVISIOをそれほど必要とする仕事をしなくなったからだ。つまりツールとして投資する価値があるか?と考えた時、NOという答えが自分の中で出てしまった。

とは言うものの、挿絵等の図を描く時には何らかのドロー系ソフトウェアが欲しいものである。OpenOfficeのDrawを試した時は全く使い物にならないと感じた記憶がある。現在は当然改良されているのだろうが、私はSun買収騒動をきっかけにLibreOfficeに乗り換えた。

続きを読む