正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

楽天

楽天-新R-Storefront移行サービス提供終了間近

正直堂はWEB制作事業から撤退したのでもう関係無いっちゃあ関係無いのですが、(ラケットプラザはとっくに新RMSに移行してますので)3月31日で新 R-StoreFrontへの移行サービスを楽天が終了します。この楽天のサービスは無料だと聞いています。

体裁の崩れは仕方ないとして、この移行サービスを使う最大のメリットは「商品レビューデータ」をそのまま新RMSでも引き継げることだと認識しています。正直堂がWEB制作事業に取り組んでいた時はその点をクライアントにご説明していたのですが、今は支障無いから移行は先でいいって言うクライアントが多かったですね。この時期に来てせっぱ詰まってしまうとどうなるんだろう?

もちろん色々な方法を考えて提供しているサポート会社も存在するので今後はそういう所に依頼する案件も増えるのでしょうね。私のカレンダーに記されていたのでちょっと取り上げてみました。

Excelのおせっかいが煩わしいっ

今日は楽天の商品管理をCSVで行なうための調査をしています。CSVファイルで一気に操作が出来るので、プログラミングできる人ならシステムと連携してCSVファイルを書き出せば、それをFTPで楽天のサーバーにアップロードするだけで楽できますしかなり作業効率アップです。しかし、プログラムを組もうにも楽天側のシステムの仕組みが分かっていないとどうしようもないので、その調査って訳です。

分かってしまえばそれまでなのですが、テストして結果を見てみないと分からないことが多々あります。マニュアル読めって話ですが、楽天のマニュアルは本当に分かりづらい(でもビッダーズよりはマシかな?)。なので手っ取り早く試してみる方が早かったりします。

CSVファイルのアップロードは、GOLDスペースじゃなくRMSの方になるみたいです。/ritem/batchにCSVファイルを放り込むとバッチ処理が走ります。数分待たされて結果がメールで送られてきます。結果の詳細は/ritem/logsにCSVファイルとして生成されます。

ここで多々遭遇したのは、「一行目の項目数が一致しません」と言うエラー。楽天のCSVファイルは全て文字列として扱われるらしく、"値"というダブルクォートで囲んでおり、区切りはカンマ(,)です。ところがExcelで作業すると、ダブルクォートは勝手に削除されてしまうし、空白列は省略されてしまいます。特に後者が原因で行の項目が足りないって事が発生します。

もっと簡易な、単純にカンマで区切っているだけのCSVデータとして、ありのままの編集ができるツールは無いもんかなと調べてみたらありました。

Cassava Editor

オプション設定に「全ての値を""で囲む」という機能が備わっており、これで少なくとも行の項目数が合わないって事は回避できるようになりました。ありがたいことです。しかも拡張子毎にルールを設定できるので応用すれば色々な拡張子で挙動をコントロールできます。

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ