Windows Server 2003R2で動かしている環境があるのだが、サーバーマシンのローテーション計画が浮上して、とりあえず準備作業としてアーカイブデータをNASに移動させることにした。Ghostイメージなどが沢山アーカイブされているのでギガビットイーサの環境でも結構時間がかかる。

それが終わったらVirtualBoxで立てていたテスト環境の整理。一つだけは運用しているのでそれだけ残して削除する。VMWare Playerでも仮想ディスク作成機能が付いたので全く問題無いのだが、VirtualBoxはSUNが元気だった頃に使ってみて手軽だったので使い続けている。

一通りの整備作業が終わったので、一つだけ運用している仮想マシンを起動しようと、VirtualBoxからONしたところエラーがでた・・・ヤバ・・(汗

コレ言い訳だけど、先日医者からの処方(薬)が変わってまだ数日なので、やたら眠いことがあったり、注意力が散漫になることがあるのだ。うっかり消しちゃいけない仮想ディスクファイル(.vmdk)を消してしまった。ファイルサイズは20GB近くあったので、ゴミ箱を経由していない。ってことはゴミ箱には残ってないので復元はかなり絶望的・・・

 

続きを読む