つい最近まで私にとってはMS-Officeは2003までで過去のものであった。それはLibreOfficeやOpenOffice等の互換Officeアプリケーションが充実して来た為、高価なお金を払って購入する必要性がなくなったと感じていたからだ。

実際、Word、Excelに実装されている高度な機能を使わなくてはならない場面はほとんどなく、基本機能(Wordなら段落書式、Excelならセル計算など)があれば充分に目的は達成される。つまり無料の互換Officeでも普通に文書作成で使える。

ただ、私の感覚的には、MS-AccessとMS-Visioだけは代わりになるアプリケーションが存在せず、それについては生産性を考慮するとお金を支払って購入する価値があると考えていた。

それともうひとつの理由は、MS-Office 2007から採用されたリボンメニューの煩わしさだ。慣れたUIを強引に変更して来たMSに対するいらだちもあったのかも知れない(2007、2010はバイト先で使ったことはある)。むしろ私自身が意地を張って使わない様にしていただけかも知れない。

なぜこんな事を今更記すかと言うと、Microsoft BizSparkの審査に通った為、検証や開発、デモンストレーション目的で有れば使いたいMicrosoft製品をほぼ自由に使える権利を得たからだ。そうなると食わず嫌いは良くないという考えと、Microsoft製品を使うことが私にとってメリットがあるという発想に変わった次第である。いやらしい表現をすると飯の種になるという訳だ。

続きを読む