正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

FTP

さくらVPS 512イイですね

今日、職場で使用しているメインのレンタルサーバ(WADAX)のWeb公開領域を使って、海外の知り合いにデータを送りたいんだけど、途中でエラーが出てしまうという相談を受けた。

ヒアリングしてみると、大きなサイズのファイルをFTPでアップロードすると、最後の方でエラーが出てアップロードできないのだとか。ファイルサイズは2GB以上。作業用の高解像度な画像ファイルとかたっぷり含まれているらしくこのサイズになったみたいだ。しかし、さすがに共用レンタルサーバで2GBのファイルは辛いかも知れませんね。

そこで私からの提案。さくらVPSを使ったらどうすかね?

実はさくらVPS 512MBのプランしかない数ヶ月前から借りっぱなしで活用できていない。色々検証に使った残骸が残ったまま放置で削除しても構わないという状態で放置されていた。ログインIDとかパスワードも管理してた人が忘れたのでOS再インストールして使うということになっていた。

30分もあれば準備できますんで・・てな感じでちゃっちゃと準備。さくらVPSのコントロールパネルから、標準のCentOS 5 x64を再インストール。数分もあればリカバリーできてしまう。

  1. rootでログインして、まずは管理者用のアカウントを作る。
  2. そして同じくFTPを使いたいというスタッフのアカウントも作る。
  3. /home/sasapurin/ てな感じのパーミッションを変更する。
  4. /home/sasapurin/public_html/ を作ってパーミッション設定。
  5. vsftpdをインストールして有効にする。
  6. httpdをインストールして有効にする。
  7. httpd.confを編集して、public_htmlでの公開機能を有効にする。
  8. サービスhttpdを再起動する。

さくらVPSサーバ側でやることはこんな感じで十分。

続きを読む

WordPressを半自動アップデートさせるに必要な細工(WADAX)

WADAXサーバーに設置のWordPress(ブログ)システムのバージョンが古くなっていて、そろそろいいかげんにバージョンアップしなくてはならないという話になった。2.9.1だったが現在は3.0がリリースされてから結構日数が経っている。

WordPressは良くできていて、管理画面にログインするとバージョン情報を比較して新しいバージョンがリリースされているとバージョンアップを促すメッセージが見やすい部分に表示される。通常だとバージョンアップのリンクをクリックすると、FTPアカウント情報を入力するページに移行し、そこに適切なアカウント情報を入力するとWordPressのプログラムが最新版をダウンロードし、圧縮を解凍して、サーバーにFTPを使って展開(配置)してくれる。最後にデータベース構造の変更(アップデート)まで自動でやってくれて、実に快適な仕組みである。

しかし、WADAXの共用サーバーではこれが素直に出来ない。まずFTPのログインが上手く出来ず失敗に終わる。これはサーバーアドレスをデフォルト「localhost」となっているところを、適切なサーバーアドレスに変更する必要があるのだが、もう一つひねりが必要なのだ。サーバー名ではなく、IPアドレスで指定してやらなくてはならないのだ。

WADAXから知らされているサーバーの情報より、FTPアカウント情報の部分に着目してほしい。サーバー名が例えば「sv59.wadax.ne.jp」だったとしたら、本来はWordPressのサーバーアドレス部分にこのアドレスを指定すればOKなハズだが、共用サーバーの仕組みによって名前解決に失敗するらしく、WordPressのプログラムがFTPサーバーへのログインに失敗する。そこで下記のようにしてIPアドレスを調査し、IPアドレスで指定すると成功する。面倒だがちょっとしたノウハウなので覚えて慣れるしかないだろう。Windowsの場合はコマンドプロンプトを使うのが簡単だ。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\>nslookup
Default Server: dns1.sasapurin.com
Address: 192.168.1.1

> sv59.wadax.ne.jp
Server: dns1.sasapurin.com
Address: 192.168.1.1

Non-authoritative answer:
Name: sv59.wadax.ne.jp
Address: 211.133.134.109

>

WADAXのサーバー「sv59.wadax.ne.jp」のIPアドレスは「211.133.134.109」だという事が分かった。このIPアドレスをWordPressに指定すれば良い。

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ