正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

Firefox

FirefoxをリセットしたらStylishの定義が

過去にも記しましたが、ライブドアブログの現行投稿画面が気に入らなくて、Firefox+Stylishのスタイルシートで見た目を若干カスタマイズしています。入力のしやすさが格段違うので軽視出来ないのです。

更にStylishで定義したファイルを、別のPCのFirefoxでも使いたいという利便性から、Firefoxの設定「about:config」からアクセス出来る「extensions.stylish.fileURL」に、Dropboxで共有する事にしたstylish.sqliteというデータベースファイルのPATHを定義しておいたのですが、今日、うっかりFirefoxの挙動が怪しかった為に思わずリセットをしてしまい、アドオンなんかも含めて全て消えてしまいました。えらいこっちゃ。

幸い、Firefox Syncで他のPCで使っているFirefoxと同期させて概ね元に戻せたのですが、各アドオンの設定情報なんかは消えてるので定義し直さなくてはなりません。

Stylishの定義が保存されているファイルの所在を明示的に設定する「extensions.stylish.fileURL」でPATHを定義した記憶もあるし、Dropboxにもテキストファイルで記録してあるのですが、Firefoxのabout:configでその項目が表示されなくなっています。

FirefoxのバージョンアップにともなってStylishの仕様が変更になったのかな?

検索してみると有力な情報が見つかりました。

Syncing Stylish userstyles with Dropbox - The World of Curtis Gibby - My Blog

「extensions.stylish.dbFile」で定義する様に変更になった?

とりあえずやってみる精神で「C:\Users\sasapurin\Dropbox\SharedSetting\stylish.sqlite」てな感じにしてみた後、Firefoxを再起動してみたところ、無事にStylishが以前定義した状態で動作する様になりました。もちろん他のサイト用に定義したスタイルも再現されました。

Firefoxのリセットはホンマ最終手段でやるしかないな。ホント危険です。
なんにせよ、全部最初から手作業で環境作り直しからは逃れられたので良かったです。なるだけ定義ファイルはDropboxとかで保存しておきたいですね。

Firefox+MakeLinkはやっぱり必須

Firefoxをメインで使っていますが、ブラウザを仕方なくIEで使った時に、ウッと困ることがあります。Firefoxのプラグインに、Make Linkというものがありまして、これが実に便利なので無いと結構不便なのです。

Make Linkはカスタマイズが可能で、WebサイトのURLやTitle、画像リンクの情報を変数に取り込んで、定義したフォーマットでクリップボードに送り込んでくれます。

例えば、ブログで参考リンクを記す場合、参考リンク先でMake Linkを使ってHTML形式で情報を取り込んでくると、クリップボードには

<a target="_blank" href="%url%">%title%</a>
こういう定義をしておけば
<a target="_blank" href="http://exapmple.com/">リンク先のタイトル</a>

という感じでURLとリンク先のタイトルを取り込んでくれるので、ソース画面で直接貼り付けると少ない手間でリンク先を記すことが出来ます。

また、選択テキストを%text%という変数で取れるので、<blokquote>や<pre>で囲んでみたりすると、容易に引用分のHTMLソースが得られます。

<pre>%text%</pre>

引用文を頻繁に使用するブロガーやtumblrユーザー(w)には必須とも言えるツールではないでしょうか?

さて、どこかにわかりやすい解説は無いかな?と思って調べてみたら、マイナビさんの記事が丁寧だと思いました。初めての人もコレを読んで使ってみれば便利さを理解出来ると思います。

続きを読む

EC-CUBEのレイアウト画面で不具合(Firefox)

Firefoxを使うとEC-CUBEのレイアウト画面でブロックが一箇所に集まってしまい、正しくレイアウト出来ない不具合に遭遇した。

ECサイト管理ページng

本来は下図の様にブロックが配置されてこれをレイアウトすることで、自由にサイトのデザインが行える仕組みになっている。

ECサイト管理ページ0k

EC-CUBEの管理画面は、しょっちゅういじってるわけではないので、どのタイミングこの不具合が発生する様になったかは分からない。こういう不具合は手順良く切り分けていくしか方法が無い。

続きを読む

おー!Firefoxで楽天RMSが使用出来る様になってる

楽天RMSは、Yahoo!ストアマネージャに比べると断然使いやすいというか、Yahoo!ストアマネージャの出来が悪すぎなんだけど、比較すると我慢出来る範囲だなと思います。Yahoo!ストアマネージャからできないこと、楽天RMSならできるし、ネットショップを開くならやっぱり楽天市場の方がメリット多いなと思うのが個人的な印象です。(ここ会社と関係なしな個人的主観です)

さて、そんな楽天RMSですが私にはネックとなっていたのが、Firefoxでログインすると5分以上は放置しとかないと完全に読み込みが出来ず、中途半端なログインになっていてRMSが操作できないという不具合がありました。同じような作業を繰り返しすることが多いので、それでも5分以上放置してログインさせてから、Firefoxに機能拡張しているiMacrosで自動処理させたりもしていたのですが、ログインがネックでした。

Chromeでも出来るやんと言う意見もあるかも知れませんが、なぜかiMacrosのChrome版はバグがあるらしく、正しくマクロ処理ができない場合が多いので、RMSでは不安で使用することが出来ません。お金に関わることですからね。

そんな訳ですが、Firefoxが5になったからか、6になったからか、楽天RMSに改修の手が入ったのか(Macが普及しているのでこれが一番可能性高い)不具合が消えたので、Firefoxでも難なくRMSで操作出来るようになりました。これは嬉しい発見です。もうずっと諦めていたので結構感激です。

という訳でiMacrosであれこれ定形作業をスクリプト化して自動処理させています。iMacrosは無償版でも色々使えるのでオススメです。Javascriptが書ける人ならもっと複雑な事も出来るんじゃないかと思います。

具体的には、ポイントの設定とからくちんですねー。外部テキストファイルに商品番号URLをリストアップしておいて、期間とポイント倍率を定義しておけば、テキストファイルを読み込んで対象商品のポイントをブラウザが自動で処理してくれます。具体的なスクリプトは会社の制作物なので見せられませんがそれほど難しくはありません。

iMacrosはオススメでーす。
Javascriptもプログラミングするには非常に手軽だし強力で、結果がすぐ得られるので一番オススメです。プログラミングが苦手な私がそう感じているので多分間違いないと思います。色々なサイトを巡れば色々なサンプルが読み放題パクり放題ですからちょっとアレンジ加えるだけで目的を達成出来ることも多いですからね。

JavaScriptクイックリファレンス
JavaScriptクイックリファレンス
JavaScript本格入門
JavaScript本格入門
JavaScriptの基本と常識
JavaScriptの基本と常識
JavaScript第5版
JavaScript第5版

記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ