正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

Illustrator

拡張子.cdrでサンプルファイルを探す

もう何年か前、職場で拡張子が.cdrという不明なファイルを開きたいと相談されて調べたところ、CorelDRAWで作られたドロー系のファイルだと分かり、結局Adobe Illustratorで開けると言う事を知ったので、このブログに記しました。

正直に書くブログ : 拡張子.cdrのファイルを開く

コンスタントにこのエントリーにはアクセスが多いです。という事は同じ境遇に立たされて困っている人が日常的にいるんだと想像します。

当時の事を思い出してみると、クライアントが中国の会社で、スタッフも中国人。日本語はかなり上手で会話は全く問題なし。WindowsのPCを使っているけれど、あんまりPCの操作に慣れていないという事でした。買ったばかりのVistaモデルのノートPCを使っていて、しばらく操作をしないと電源が切れてしまう事に困っていると相談され、打ち合わせ時に持参していただいて省電力設定を見なおしてあげた記憶があります。

そんな感じだったので、相談された時も資料(ファイル)が中国の本社から送られてきたけれど、開けなくて困っているという内容だったと思います。ヒアリングしたら拡張子が.cdrのファイル名だと分かり、漠然と図面らしいと言う情報を貰ったのでDRAW系の図面だと推測しました。

そんな訳で、当時、誰も使った事がないCorelDRAWの図面ファイルを開くべく調査した次第です。

続きを読む

拡張子.cdrのファイルを開く

クライアントから商品の.cdrという拡張子の図面データが送られてきたのですが、クライアント側でも開けない(つまり図面を作った人は全く配慮の無い人だと思われる)状態で、弊社のデザイナーもこれどうやって開いたらいいの?とちょっとした騒動に。

そんなときはGoogle先生に聞くです。

「拡張子 cdr」

答えが二つ出てきました。WinCDRかCorelDRAWのファイルだそうで。
ここで普通に考えたら図面なんだからCorelDRAWで描かれたドロー系の図面だろうなと想像できるわけです。

教えて系のサイトではCorelDRAW体験版で開けると言うコメントが見受けられますが、変なもん仕事用のPCにインストールしたあないし、Sandboxieで閉じた所にインストールするとか、VMWare上で動かすとか回りくどい発想をしたのですが、瞬間的に頭がぱぁっと晴れて答えが出ました。続きを読む

IllustratorデータやPDFで画像を持ってるが・・

今クライアントさんからお受けしている案件は、デザイナーを担当させずにシステム系の私が対応しています。ブログシステムが大手提供のものであり、既にお気に入りのテーマ(テンプレート)があるからです。

WEB制作のデザイン料には、デザイナーの「技術料+センスやノウハウ」を含んでいますので単なる時間単価だけではありません。作業するだけならちょっとパソコンの操作が出来る兄ちゃん姉ちゃんでも出来るのです。キョービの若い子ならパソコンなんか普通に使えるでしょ?そういう子らでも出来ない事を出来るからプロとして、商売として成り立つわけです。

さてクライアントさんから、商品画像を送っていただくことになっているのですが、IllustratorとPDFでしか持ってないので画像を書き出せないという連絡が来ました。今回の案件は画像をトリミングまでしていただいてからご提供いただくと言う条件でお見積もりをした訳で、この作業を私が行なうことは見積もり工数を完全にオーバーするので、率直に言うと「赤字」になるわけです。会社からお給料を頂いて働いている以上、利益が出るように考えないとダメな従業員になってしまいます。

さてどうしたものかなとちょっと考えてみたところ、簡単な方法を思いついたのでここに記しておきます。WEBという小さな画像で済む案件ならではの方法です。「手抜きやん!」とプロには怒られそうですが、結果オーライならいいんでないかい?と思います。
Repopulate Form
続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ