正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

Linux

MIFES Linux版の試用版を使ってみた

またMIFESなエントリーでごめんなさいね(w

今回はMIFES Linux版です。私はLinuxをはじめ、*BSDなどのUNIX系のOSに実装されているコマンド(プログラム)が使いやすくて好きです。(Mac OS XはFreeBSD上で動いているといわれているので多分実装されているでしょう・・未確認)

特にテキスト処理が便利ですね。未だにプログラミングが出来ないので、そんな私にも自動処理、処理の効率化を提供してくれるこの仕組みは大好きなのです。

もちろん、Windowsにも便利なツールがあります。しかしそれは作ってくれるプログラマーさんのセンスというか、ポリシーというか、その上で使わせてもらっているという状態で、いまいちしっくり来ない場合が多いのです。故にコマンドライン、敷居の低いawk等のスクリプト言語に魅力を感じます。

さて、本題のMIFES Linux版です。先日MIFES 9のベータ2を検証していて、やっぱり便利なエディタだなと痛感したので、興味本位でLinux版の試用版を使ってみる事にしました。ダウンロードしてきて、パスが通っているディレクトリに実行ファイルを配置して、パーミッションを調整して、定義ファイルを調整して・・・実に簡単。

ところが・・・Ubuntuで操作してみたのですが、Gnomeターミナルで化け化けに文字化けします。MS-DOSな頃の様なコンソール画面で使用できるアプリなので、この化けは文字コードの問題だと、付属PDFマニュアルを読むと・・・EUCにしか対応していないと。

要するに、Redhat Linuxで言えば、6,7,8,9の頃、VineLinuxで言えば4.2まで、Turbolinuxの場合は・・・忘れた。

という訳でUbuntuで使用するには、Gnomeターミナルの文字コードをEUCに変更すれば一応使用出来ます。しかし日本語ファイル名などは化けまくりなので選択しても開けません。つまり使い物になりませんね。システム全体の文字コードを変更する方法もある様ですがそれはやりたくない。

という訳で素直にVineLinuxを使う方針に切り替えました。幸いVineは古いバージョンも未だに配布してくれていますし、リポジトリも生きてます。何しろ少し前まで「古臭い」と言われつつもEUCな環境に拘ってくれていた稀有なディストリビューションです。ついこの前までは、TEXとかのテキスト環境にはEUC環境が欠かせなかったですからそういうアプリを使う人にはありがたいディストリビューションだったのでしょうね。

さて、MIFES Linuxですが、VineLinux 4.2では見事に稼動してくれました。ついこの前まではこの組み合わせで使っていた人が結構いたんだろうなぁと思います。ところがGnomeターミナルはやっぱりあきまへん。バックスペースキーが効きません。DELキーと同じ挙動になります。加えて、F1キーでメニューが出ず、ターミナルのヘルプ画面が出てきます。キーバインドを変更すればF1については回避できますが。

という訳でkterm辺りをインストールして、ktermからMIFESを呼び出せば全く問題なく快適に使用できることが確認できました。

ただ、CSVモードとか無さそうなので、あくまでもLinuxでも慣れたMIFESが使用できるというニーズにしか支持され無さそうです。この環境は貧弱なので、これを求めてわざわざOSを変更する人は稀でしょう。まさに文字打ち職人(ライターとかプログラマーとか)限定のマニアックな世界ですね。

後はLinuxのエディタ(vimとかemacsとか)嫌いだーって人にも、エディタで苦労させない配慮にはなると思います。エディタで躓く人も多いでしょうからね。私自身vimは使えますが、emacsは全くダメですし。

しかし、もはや現役のLinuxディストリビューションで使用できないアプリケーションを1万円前後で販売しているのも、強気というか何というか凄いなぁと思いました。私は流石にコレは買おうとは思いませんね。半額の5千円でもキツいな。だって使い道ほとんど無いんだもん。3千円でも多分買わない(要らない)です(苦笑


MIFES for LinuxMIFES for Linux
メガソフト(2003-08-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
MIFES8MIFES8
メガソフト(2007-02-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Windows7リリース

Windows7が昨夜発売された様ですね。テレビのニュースで見たのですが、Windows7を手に入れて喜んでる兄ちゃんが「仕事遅刻してでもインストールする」みたいなこと言ってました。平和だな・・(世知辛い世の中だからそれくらいのゆるさはあってもいいかなと個人的には思ったり)

社内ではWindows7のRC版を試験的に使いました。WEB制作の仕事をしている関係上、IEのバージョンと互換性に興味があったからです。社内のPCはXP(VISTAのダウングレード)ばかりで、VISTAパソコンは1台だけあるのみです。VISTAにすることも可能ですがそれはありえないし。

Windows7はRC版でも結構良いできだなと言う印象で、関係者の皆んながこれは良いねぇと言う感想を言ってました。思ったほど重くない、動作が軽い印象がするというのが率直な理由でした。ちょっとした検証ではIEの互換性も見つけられませんでした。

という訳でWindows7には良い印象を持っているのですが、弊社の社内では別にWindows7に急いでする理由は一個も無いので当分XPのままで行くことになりそうです。続きを読む

サーバーメンテのツール(USB-HDD)-その2

先日書いたUSB-HDDですが、すっかり結果をブログに書くの忘れてました。Linuxでも全然問題なく使用できました。

手順としてはFAT32フォーマットのまま、LinuxサーバにUSB接続しておいて、mountして、COPYコマンドをシェルスクリプトにしたためて(w)、atコマンドでタイマー登録して退社しました。(もちろん数回容量の小さいファイルでテストしました)

翌日ちゃんとCOPYできてるんかな?と、LinuxサーバでUSB-HDDをumountして外し、私が使っているWindowsパソコンにUSB接続。容量を確認したら・・・30GB近くあった。一体COPYにどれだけ時間かかったんだろうか。んま取れたから良しとしましょう。

さて、あらかじめWindowsパソコン上に、XAMPPでWEBサーバ環境を作っておきました。アプリケーションもインストール済みでデータを引越しさせるだけでOKにしておいたのです。しかーし、データのサイズがデカイもんだからCOPYに時間かかるかかる・・・続きを読む

サーバーメンテのツール(USB-HDD)

弊社ではグループウェア系のメーラーを使っています。関係している人達が横のつながりでみんなのメールを読むことが出来ますし、連絡事項とか引継ぎとかも出来て便利です。

以前の会社勤めの時は、大きな会社でしたが個人個人でメーラーを使って個別に管理しており、報告はまた別のグループウェア(使いづらいNotes)を使ってました。めっさ使いづらいっつうの。

ちなみに全社のスケジュール管理用途には「GroupSession」というグループウェアを使っています。これが結構使いやすいんだな。

さて余談が過ぎましたが、メーラー実装のグループウェアを使って毎日大勢のメールをネットショップのお客さんとやり取りしているので、ある種これが生命線になっています。私がここに勤める前から動いているらしいのですが、ラケットプラザは注文数が伸びているので、さすがに厳しい状態になって来てます。サーバーのスペックもそうですが、ハードディスクの容量がもう限界に近づいてます。

200910021111そんな訳でサーバーの引越しをする事が以前から懸案事項になっていました。先日チェックしたらもう限界ってところまで来ているので、切羽詰ってデータ移行の調査をしたら、なんとデータ領域が15GB以上あって、とてもUSBメモリーでは対応できないという事が判明しました。

そこで急遽、USB-HDDを購入してそれでデータを試験環境のサーバーに移行させてテストしてみることにしました。

なにしろずっと動いているので失敗が許されません。慎重にステップを踏みながら検証をしなくてはならないのです。

じゃじゃーん、320GBの2.5インチHDDです。さていくらでしょう?案外安くて驚いてしまいました。レビューとしては、つるっとした表面の無機質なプラスチックケースでプロテクトし、内部は四隅にラバーを配置してショックを緩衝させている構造です。プラスチックがつや消しで指紋の密着が得られにくい表面なので、ツルツルしてて落としそうな気配を感じます。質感的にはかなりのマイナスポイントですね。

しかしこの金額で購入できるとは、デジタルグッズはどんどん性能が上がって安くなるから欲しい(必要な)時が買い時ですね。

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 320GB(ホワイト) HDPS-U320I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 320GB(ホワイト) HDPS-U320
販売元:アイ・オー・データ
発売日:2008-12-20
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

FAT32でフォーマット済みなので、まずはこれで試験を行ないますが、対応OSとして
  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows 2000
  • Mac OS X 10.1 から 1.05
とパッケージには書かれていて、やっぱりLinuxは書かれていません。問題のサーバーはLinuxで動いているのでもちろんサポート外です。テストの中には、ファイルシステムをFAT32ではなく、ext2/3でフォーマットしなおしてから本番データを引越しさせることを計画しているので、もしかすると失敗するかも知れません。

LinuxというOSがもっと一般に普及すれば、正式サポートの範囲に入ったりするんでしょうけどね。現状はまだまだ無理かな。でもカーネル2.4.2以降ならサポートってのが有ったりします。パーソナルユースなら持ち運びを考えるし、バックアップ用途には欠かせないから至れり尽くせりな機能的にこれいいなぁ。

Transcend 320GB StoreJet 25

という訳でもう手に入れちゃったからこれでチャレンジします。これから仕込みを入れて、夜自動的に必要なデータをCOPYするようにcronに組み込みます。業務終了後(無人)な時にしかシステムを止められず、COPYも行なえないから自動処理させるしかないのであります。さて無事にLinuxのファイルをUSB接続でこのHDDにCOPYできるかな?

Vine Linux 5 リリース

ちょいとマニアックなネタですが、国産ディストリビューションとして歴史のあるVine Linuxがついにバージョン5になりました。
個人的にはUNIX系OSはFreeBSDでデビューして、Redhat LinuxでLinuxを覚えて、その後Vine Linux 2系、3系と使ってました。自宅にサーバー立てて。Redhat系の知識が使えて結構重宝しました。

4系になってカーネル2.6になり、自宅のPCサーバーで動かなくなって使うのを止めました。っていうか使えなくなりました。結局FreeBSDに戻りました。今もFreeBSDを使っています。

学校系(大学とか)にはVine Linuxが入っているらしいので、まだまだがんばって欲しいところですが、ディストリビューションは生まれては消えての連続なのでこの先どうなるかも分かったもんじゃないです。

個人的には国産のメリットを活かして、情報を充実させるとか(使う人が増えないと情報が増えないというジレンマ)、ビギナー向けの工夫をするとか、とにかく軽くするとか、何かしら特化したものがないとつらい時代になっていると感じます。

弊社ではもっぱらCentOSをサーバー用のOSとして使っています。Xenにも対応しているし情報も多いので便利なんですよこれが。
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ