正直堂にてWEB制作事業を行っていた時、プログラマーさんやデザイナーさんの仕事(タスク)管理に、プロジェクト管理ツールを使っていた。

しかしすっかり使わなくなってしまい、使っているのはプログラマーさんだけ。だけどやっぱり使い続けていく上で、バージョンが古いままってのは不満がたまる訳で、0.8系を我慢して使ってもらっていたのだが、もうさすがに限界。タイミング良くそろそろ正式にバージョン1がリリースされるらしいからバージョンアップして欲しいと依頼があった。

ハッキリ言って、Redmine(を動かす環境)はいじりたくなかったりする。理由はRuby+Rails環境だからだ。正直言ってRubyはようわからん。私はプログラミングはもちろん出来ないが、このRailsという概念が良くわからん(深く調べてないからわからなくても当然なのだが)。しかし一応私が管理を担当しているサーバーなので要望があれば検証してみなくてはならない。上の方からも指示があったし。

という訳でサクッと調べてみたところ課題がいくつかある事が判明した。

  1. Rubyのバージョンが古いのでバージョンを上げる必要あり
  2. Rails環境も古いのでバージョンを上げる必要あり
  3. CentOSのyumからは、1.8.5までしか上げられない
    なぜRuby系のリポジトリが無いのか???
  4. 今後もチクチクバージョンアップを追従していくのは手間だ

1.と2.については、3の理由によりソースからコンパイルするしか無いが、嬉しいことに「checkinstall」というプログラムを使えば、rpmパッケージを容易に作成することが出来るので、rpmで管理することが出来る。(BSD育ちの身としてはソースからのコンパイルが原則だがPortsの利便性は捨てがたいので、Redhat系Linuxの標準パッケージ形式rpmが作れる「checkinstall」は非常にありがたい。だからyumリポジトリをたてる人が居ないのか?)

もちろん、rpmコマンドでサクッとインストール出来る様にrpmパッケージを生成してくれるので簡単にインストールが出来るし、将来的にナニをインストールしてたっけな?ってな場合でもrpmコマンドで楽々管理出来る。

個人的には極めて削り落としまくったシステムならパッケージ管理ツールは不要と思うが、色々なサービスを提供しているサーバーでは不可欠と思われる。いちいち覚えてられないし・・詳細なドキュメント残してられないし。

という訳で今回の最課題は4である。今後も「バージョンアップして~」と不定期に言われるのは何かと調子が狂うので困る。Redmine開発者にバージョンアップしないでくれって言う訳にもいかないし。という訳でせっかくLinuxサーバを使っているので、Subversionを使ってtrunkを追いかけられるようにしようと考えた。案の定ググったら詳しい解説があってSubversionはWindowsローカルでしか使ってない私にも理解可能であった。

ここまでが実現出来れば今後の維持管理がかなり楽になる。

必須だとは思うが、作業前に必ずバックアップを取っておこう。SQLを使っている場合はそちらのダンプも忘れずに。バックアップの仕組みを備えてない人は先にそちらから着手するのが望ましいと個人的には思う。

続きを読む