正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

access

MS-Accessで小括弧([])を置換するのに四苦八苦

商品データのCSVファイルをMS-Accessに取り込んで、更新クエリーで一気にテーブルのデータを置換したりしていますが、キャンペーンが終了した後で付加したキーワードを削除する必要に迫られました。

ヤフーストアで[12周年セール]が行われている為、そのまんま

[12周年セール]

このワードを"explanation"に付加させていたのですが、別作業で上書きされたものだけにまたこのワードを付加させようと思うと、ややこしい記述をしなくてはなりません。私にはそれは無理なので、一度削除してしまい、再度付加させる事にしました。

ところが・・・・MS-Accessにおける[]はパターン文字列を意味するらしく、小括弧自体の検索置換が行えません。

正規表現のエスケープ\を付加してみたのですがメタキャラクターとしての機能が無効になりませんし、どうしたらいいのかしばし苦戦しましたが、小括弧を小括弧で囲んだら検索にマッチしました。

[[12周年セール]]

こりゃまいったわ・・

参考
レコードに含まれる記号を検索する方法

Microsoft Accessの仕様が甘い(インポート)

マイクロソフトのExcelを始め、Accessもちょっとしたビジネス用途では活躍してくれるのですが、どうもお節介というか勝手にデータを変換したりと、仕様が甘い(ユーザーの事を考えず開発者側の押しつけ)と感じます。

私は今JANコードを管理しているのですが、どんどん増えていくデータ量の関係でExcelではもはや無理となりAccessを使用しているのですが、Accessもお節介な仕様で困ってしまいます。

例えばExcel側で整形してデータの型をオールテキストにしてから、Accessのテーブル(テキストで定義済み)にインポートしようとすると、あるフィールド(列)の先頭のデータが数値の場合、そのフィールドを勝手に数値で取り込もうとしてしまいます。そして途中で数値以外のデータが出てくるとデータの型変換に失敗しました・・・

もうホントやめてくれって感じ

回避方法は、一番最初のレコードにテキスト型のデータを持ってくれば、一番最初の行を読み込んだ時点でテキスト型だなと認識するのでこのお節介な仕様をごまかすことが出来ます。

めんどくせぇ・・

ほんとめんどくさいです。

Microsoft社の製品は、どうもこういうユーザー視点ではなくプログラムを作っている側の都合を押しつけてくるのがウザいですね。

余談ながらExcelがJANデータを数値と認識して省略コードにしたり、先頭の0を無くしたりするのもウザいです。テキストと明示的にセル指定してるんだから、ExcelもAccessもテキストでやりとりすりゃいいじゃん。何の為のOffice(統合)製品なんだ?

ま、悪い会社じゃないのでなんとかして欲しいと期待はしているのですが、なかなかユーザーの声が開発者に届かないんですよね残念ながら。でかくなりすぎた組織ってこういうものなのかなぁ。

記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ