正直に書くブログ

2012年9月からフリーランス活動開始しました。
今後もマニアックでも有用な情報を提供出来るように頑張ります。

rss

feed2js:プレビュー文字化けの修正

ありがたいfeed2jsですが、日本語の文字コード問題はちょくちょく発生する様です。サーバーを社内のLinuxサーバでやっている分には問題なく出来たのですが、外部でも使えるようにレンタルサーバに設置したら問答無用で文字化けを起こしました。

文字コード対策の方法は、先にするした小粋空間さんに解説されているので私の出る幕は無いのですが、プレビューボタンを押したら確実に化けるので、プレビューに関するファイルをカスタマイズする事にしました。具体的には生成されるJavascriptコードに文字コードを付加するカスタマイズです。

preview.php

<script language="JavaScript" src="<?php echo $rss_str?>"></script>

<?php 
if ($utf== 'y') {
$charset='utf-8';
echo '<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">';
} else {
$charset='iso-8859-1';
echo '<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=iso-8859-1">';
}
?>

<script language="JavaScript" src="<?php echo $rss_str?>" charset="<?php echo $charset?>" type="text/javascript"></script>

こんな感じに修正してみました。プレビューの文字化け解消で機能的にOKかなという印象です。使い込んだらまだ日本語での使用に際して不具合あるんだろうなぁ。

RSSフィードをサイトコンテンツとして使う:feed2js

feed2js仕事の中に、複数のCMSを組み合わせて要件を満たしたり、CMSで生成した記事を静的なWEBサイトに動的に表示させたいというニーズもあったりします。手っ取り早いのはJavascriptになるんでしょうね。私はJavascriptでプログラムの作り方は良く分かりませんが使い方はある程度分かります。

今構想している案件の中で、EC-CUBEでのショップサイトに、オーナーのブログ記事から新着情報的な一覧を表示させたいというニーズがあります。単純 に考えるとCMSの棲み分けをする事で機能を分離できますが、別々のCMSを使うことで、連携という部分で弱みが出てきます。なんとか簡単に実現出来ないかなと考えてみました。

そんな場合に使える仕組みとして便利なのが、RSSフィードです。多くのCMSがこのRSSフィード生成に対応していますので、それを取り込むことで容易に新着記事を別のCMSで表示させることが可能となってきます。静的なサイトでも使えるテクニックですね。

問題は、RSSフィードを生成する機能は多くのCMSに実装されているものの、よそのRSSを取り込む機能を備えているCMSが少ない点です。多くの場合はプラグインで対応することになるのでしょうが・・・私はプログラマじゃないので作れません・・

さてどうしたものか。と調べていたら良いものを発見しました。

feed2js

Feed2JS

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
SEO的な実験
RSS

ブログランキング

track feed 正直に書くブログ
最新コメント
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ